伝統料理を守る、スローフードの考え方

『ゆっくりご飯を食す』、という意味ではない

ここ数年、どこぞの界隈では『スローフード』なる言葉が流行している、それは健康に良く食文化としても広く伝播していくべきだとも考えられている。ただこの言葉の意味を知らない人間にとっては、そんなの常識だろうなどと考えている人もいるもの。見栄をはりたくてあえて知っている素振りを見せる人もいるかと思うが、この場合のスローフードという言葉は、特別食事時のマナーという意味を指しているのではなく、『伝統として受け継がれている食事文化』というのが正しい意味合いとなっている。

伝統と言っても古来から続いている日本人ならではの料理といったものではなく、この概念が登場した時点で考えられていたのはその国の食事文化を根底から支えていた料理や食材、というふうに考えてもらっていいだろう。こうした考えが生まれだしたのは単に文化的な側面で広く色々な人にもっと地域ならではの伝統・郷土料理を楽しんでもらいたい、というのはもちろんだがそれ以外にも、衰退しつつある地域の食文化を保護する意味合いも強い。前者と後者を見比べてみると、筆者的には後者の方を優先的に考えているだろうと予測している。それは日本の、現在の食文化というシステムを覗き見れば分かるだろう一つの事実が浮かび上がってくる。

チェーン店の進出と地域独自の食事

日本に絞って考えるのではあれば、全国あらゆる場所に様々な飲食店が展開している。それらの進出が地域に及べば及ぶほど食事に困ることはなく、人は表面的な豊かさに満たされるもの。そろそろ春も近づきつつある中で新天地で新しい生活を営もうとしている人たちも、そういった生活に欠かせない食事が充足されている場所で暮らしたいと考えるものだ。東京都心を始めとした都会に住めばそうした構造に困ることはない、値段的な面も少し気にしなければならない部分はあるにしても食べ物という視点からよっぽどの状況に陥らなければ空腹になることもない。飲食店だけでなく、コンビニチェーン店も全国に展開されている状況も相まって、今や日本人にとってどちらも日常生活で必要不可欠な存在となっている。

こうして一点から観察してみると日本人の食事は満たされているように感じると思う、実際世界各国の食文化と比較してみれば異常なまでの発達ぶりを認識できるはず。海外から訪れた人たちもこうした日本の飲食事情には驚かされてばかりだとも言われている。ただそうした発展の裏側、日陰の中で本来日本人が忘れてはならない食文化が衰退しつつある状況を、どれくらいの人が認識しているかどうかも意識しなければならない。こうした一般的な料理が普及すると共に起こった現象こそ、いわゆる地域ならではの郷土料理という存在が徐々に失われつつあることを、地方の人ほど危惧しているのだ。

今に始まったことではない

もちろんこうした問題は突発的に発生したものではない、前から散々言われていた事態であり解決策が求められてもいた。地方自治体による街興しの一環としてだ、地方の人々には日常的な料理を観光客にも味わってもらいたい、そんな願いから様々な郷土料理を楽しんでもらえるよう日々努力をしている。

地方、いうなれば田舎へ帰省した際の滞在中に食べる食事などもそうした地方独特の料理を基本的に摂取するはず。せっかくだから都会では食べられないものを、そう欲求しているはずなのだが都会に慣れきってしまっている人にすれば、そうした料理を食べても物足りないと感じる時がある。そうなるとどうしてもいつも食べている味を求めて、田舎でもチェーン店を展開している飲食店へ足をついつい運んでしまった、なんて経験をしたことがある人もいるはず。別におかしいことではない、いつも食べ慣れている味を摂取するのが一番いい事でもあるからだ。欲望に忠実すぎるのどうかと思うが、自分にとってほんとうに美味しいと思える料理を食べて空腹を満たすのが、人間にとって最高の食事となる。

それを地方の郷土料理で満たそうと思えればなおいいのだが、中々そうも行かない。それを妨げているのが郷土料理ならではの『味付け』という壁にぶち当たる。

味の差異は極めて重要

どんな料理を食べても美味しいと思えるだろう、しかし中には独特でこれまで食べたことのなかった料理を食して受け付けられないと悩んだ経験はないだろうか。筆者はまだ子供の頃、よく分かりもしなかったトムヤムクンを食べた時は親に申し訳なさそうに食べられないと告げた。自分で注文して興味本位だったこともあったが、まさかそれが全くと言って食べられないものだったとは想像もしなかったからだ。

料理を食べているとそうした衝撃を受ける事がある、日本の料理は基本日本人の舌をベースとした味付けとなっているため、大半は初めて食べても美味しく感じられる。それも一部例外は付随する、ダメなものダメ、食べられないから次はもう食べないようにする、そう考えてしまうものだ。シンプルすぎる結果へと行き着いてしまうが、舌が感じる味の初撃でその料理の是非が全て決まってしまう。特に子供の頃は多感な時期であるため、独特すぎる味は受け付けられないものだ。成人するくらいになると舌の感覚も大分変化しているため、子供の頃は苦手でも今ではすっかり大好物に、なんてこともあると思う。

地方ならではの料理を堪能するとなった場合、味はかなり重要だ。受け付けられるものか否か、それこそが全ての明暗を分かつこととなる。人間の人体構造は複雑でも、システム的な面ではとてもロジカルとは思えないくらいシンプルさも兼ね備えている。味覚という五感の一種は気づかないほどに大きな影響力をもたらす。

スローフードと伝統

地方の郷土料理は素晴らしい文化だと思う、ただそれらを受け継いで味を伝来していくという人が減ってきているのも事実。妨げている障害は1つではないが、その中にはやはり味という側面も少なからず関係している。スローフードという考えはそうした料理を消滅させないよう、改めて日本人が過去の歴史で考案し作り出した食文化を多くの人に伝えていきたいというのを理念としている。

言葉だけでさすがにこんなスケールの大きな話を想像した人はいないだろう。そしてそれだけ今の日本では、地方ならではの独自性を持った料理の衰退が現在進行形で発生しているのだ。

今日のごはん